神奈川県横浜市のリフォーム・耐震補強工事のアーバンプロジェクト。横浜市・神奈川エリアの全面リフォーム・耐震補強工事・浴室・キッチン・屋根・外壁等。   

株式会社アーバンプロジェクト TEL:045-372-0177
HOME アーバンプロジェクトって サービスのご案内 リフォーム施工事例 リフォームFAQ
リフォーム施工事例

リフォーム無料相談 お気軽にご相談ください!

リフォーム施工事例
エコ(健康自然素材)
住まいの全面(トータル)
漆喰・珪藻土・炭建材
耐震補強・制震補強・炭素繊維
浴室・キッチン・トイレ
屋根・外壁リフォーム
セルロース断熱・外断熱
塗装リフォーム
マンションスケルトン
エクステリア・ウッドデッキ
窓サッシ・防犯ガラス・ペアガラス


つくろうよ!ハッピーハウス

メルマガ登録はこちら

欠陥住宅を造らない会
日本住宅保証検査機構
倶楽部JIO
財団法人住宅保証機構
HITACHI製ダンパー
ホームプロ2006年度顧客満足優良店
株式会社アーバンプロジェクト
横浜市保土ヶ谷区上菅田町250-5
TEL:(045)372-0177
FAX:(045)372-0178
E-MAIL:info@urban-pro.co.jp
URL:http://www.urban-pro.co.jp/
リフォーム専用サイト:
http://urban-pro.net/
横浜市・神奈川県の全面リフォーム・耐震補強工事・浴室・キッチン・屋根・外壁等
リフォーム・耐震補強工事(横浜) > 施工実績一覧 > 施工実績詳細

見えないからこそ、「安心・安全」を重視、築35年の一戸建を耐震リフォーム
リフォーム事例

リフォームデータ

家屋形態 木造2階建て
工事金額 約1200万円
築年数 築35年 工期 約2ヶ月
リフォーム部位 1階全体

リフォーム費用・内訳

仮設・解体工事 36万円
建築工事 372万円
内装・耐震工事 288万円
建築設備工事 60万円
住宅設備機器 240万円
雑工事 36万円
その他・外構など工事 36万円
諸経費・その他
132万円

  合計 約1200万円

ビフォーアフター

   
リフォーム前 リフォーム後   リビング
フローリングは以前貼ったもののままで変化なし。天井にはたわんでいた梁の補強材がむき出しになっているものの、デザイン性から見ても問題ないということで、あえてそのままに。
また耐震性を考えて掃き出し窓をやめ、壁を一部増やしています。
 
 

   
リフォーム前 リフォーム後   子供部屋
庭に面した奥の子ども部屋は、以前、縁側・廊下だった場所を含めることで、約2畳分大きく部屋を造ることができました
 
 

   
リフォーム後   バスルーム
「なるべく広いお風呂を…」という要望に応え、ノーリツの出窓式システムバスを採用。浴槽の位置も変えることで、広々としたバスルームに
 
 


お客さまの声

築35年となると、耐震基準などが定められる前の一戸建ですので、二世帯で暮らす私たちには、地震などの災害が一番恐れていることでした。自治体の基準はクリアできても、やはり心配でした。それに子どもたちも大きくなって、姉弟に自室をあげたいという気持ちもありましたので、今回リフォームを行うことにしました(ご主人)。
以前からお付き合いのあったリフォーム会社さんをはじめ、折込チラシを見たり、インターネットで探したり…と可能な限り、手広く探しました。 5社のリフォーム会社さんそれぞれの提案に一長一短がありましたが、予算面では高くても一番の安心・安全を感じた、今回のアーバンプロジェクトさんに決めました。プランはもちろん、横浜市の建築顧問もされている方だったことや、話しやすい気さくな性格の方だったことも、お願いする決め手になったように思います(ご主人)。

私たちが考えていた以上に家が傷んでいたらしく、壁や天井を剥がすと問題箇所がたくさん見つかりました。どんな作業をして、どんな問題点があるのかを、業者さんが毎日、日報で送ってくださいましたので、仕事に出ている間でも、スムーズに解決策を話し合うことができました(ご主人)。

リフォーム中は近くの平屋を借りていたんですが、とにかくお風呂が狭くて…(笑)。「先にお風呂だけリフォームをして欲しい」とお願いしたところ、業者さんも快諾。毎日、お風呂だけは入りに行きました(奥さん)。

リフォーム事例完成は6月29日。外装から1階全体までをリフォーム。窓の配置や梁や柱、壁などへの耐震補強で地震対策を行うとともに、子ども部屋も改装。使いにくかった間取りを大幅に変更し、安心感と住み心地を追求した、Tさんの理想の家に仕上がりました。

施工会社の声

リフォーム事例いつ訪れるかわからない地震ほど、恐ろしいものはありません。「安心して暮らせる住まいにしたかった」と語るのは、築35年の木造2階建てにお住いだったTさんご家族。自治体の耐震検査の結果は合格でしたが、「地震時に家が倒壊せず、家族が避難できるようにしたい」という思いと、築年数や子ども部屋の改装、使いにくかった間取りの変更なども考慮して、リフォームを行う決心をされました。  

リフォームにあたり、見積もりを取った業者は、全5社。「価格よりも、安心・安全を一番考慮してくれた業者さんに決めました」とTさん。耐震補強はもちろん、地質調査から改装プラン、屋根の修理まで、家全体を考えたリフォーム提案にTさんも納得。さっそく工事に取りかかりましたが、実際に壁や天井を剥がしてみると、梁が曲がっていたり、柱が弱かったり、水漏れをしていたり…と問題箇所が続出。業者さんが送ってくれる詳しい日報や提案を毎晩検討しながら、リフォームは進みました。  

施工開始から約2ヶ月。新しく生まれ変わったTさん宅は、耐震補強時に壁に入れた断熱材の効果もあってか、真夏にお伺いしたにもかかわらず涼しげ。窓の配置も変わった結果、風がリビングを通り抜け、心地よい空間になっていました。また、姉弟それぞれに自室ができ、満足している様子でした。「今回の耐震補強で、安心して毎日が暮らせます」とTさん。この安心感が、きっと家族の表情を今まで以上に明るくしているのでしょう。


お問い合わせ・ご質問

ページTOPヘ



サイトマップリフォームQ&Aつくろうよ!ハッピーハウス | リンク | プライバシーポリシーリフォーム無料相談お問い合わせ

copyright(c) URBAN PROJECT CO ,LTD 2001-2007 All right reserved.
メールでのお問い合わせ